HOME
トップページ
INFOR
お知らせ
WORKS
スピーカースタンド
ORDER
 ご注文について
CONTACT
お問い合せ
LINKS
リンク
山崎創作のスピーカースタンドは、連結部・スパイク部の金具関連を除けばすべて木製品です。
「木製」・・・と言うとちょっと軽量級のチープな感覚にとらわれがちですが、「木」のなかでも厳選した
広葉樹の無垢材を使用する事で重厚感、重量感のある製品が完成します。

「無垢材」・・・大きく分けて針葉樹と広葉樹があります。
大工さんが家の骨組みに使ったり、ホームセンター等のデッキ材は針葉樹の無垢。
木の導管組織が大きく、悪く言えばすかすかで彫刻家や家具作家さんの目には止まりません。
檜、ヒバ、秋田杉等代表的な高級材はあるもののやはり工芸品、美術品には不向きと考えます。

私ども山崎創作が使用する「無垢材」は”厳選した広葉樹”です。
導管の組織も非常に小さく、重く、硬いため別名アイアンウッド、ハードウッドとも呼ばれます。
代表的な”黒檀(コクタン)”は石おも砕く硬さと言われています。その重厚なキャンバスに潜む
”神秘的な紋様(木目)”はクラフトマン達の必須のアイテムです。

その広葉樹も今や”希少価値”の時代。
”神秘的な紋様”のいわば美味しいとこ取り”が出来るのもこのスピーカースタンドのスタイリングが
成せる特長です。
”ハイエンド・オーディオ・オーナー”の心をくすぶるには、やはり「広葉樹無垢」は不可欠なのです。


山崎創作の塗装は主に「ポリウレタン樹脂塗装」を施しています。
さらに無垢の高級感を引出すウレタンクリアによる艶なし・半艶・鏡面仕上げ
無垢の素材生感覚にはオーソドックスなオイルフィニッシュ(自社調合品)を使用しております。
FJ-101(右図参照)等の全面着色塗装製品においての
素材は「無垢材」は使用しません。
伸縮や割れを防止するためMDF(ファイバー素材)を使用しております。
ウレタンの濃度を二倍にし硬化させます。
さらにウレタン系エナメル塗量により重厚感を出します。

仕上がった感覚は木製の質感よりもメラミン樹脂の肌ざわりに似ています。

山崎創作のスピーカースタンドは「完全受注生産」です。
よって様々なご要望に対応にお答え出来ます。
例えば、ご紹介する商品のデザイン、スタイルを元にお持ちのスピーカーに合わせた
天板のみの加工、高さあわせ、幅決め、材質etc・・・「~のみ」の要望に対応。
もちろん、お客様が思い描く「完全オリジナル」を構築していく事も可能です。

世界に一つだけの「スピーカースタンド」!
それを作り出していくのも、山崎創作の楽しみの一つです。


All Rights Reserved. Copyright (c) 2001-2009, yamasaki so-saku